四畳半神話大系

概要


湯浅政明監督、ついにノイタミナに参戦!

「画が動く、その様自体が気持ち良い」という、アニメーション本来のプリミティヴな魅力を常に放ち続けるアニメーター・湯浅政明監督が、遂に“ノイタミナ”に参戦します。


手がけるのは初の小説原作。森見登美彦による『四畳半神話大系』です。意外にも、森見作品としても本作が初の映像化となります。脚本には、京都を拠点として日本各地で活躍する劇団ヨーロッパ企画の上田誠。映画化もされた『サマータイムマシン・ブルース』や『曲がれ!スプーン』(原作:冬のユリゲラー)など、オフビートな笑いの中に張り巡らされた精緻な仕掛けで、演劇界のみならず熱い注目を集めています。アニメの脚本を手掛けるのは今回が初。


そして、キャラクター原案には、昨年発売した自身初となる画集「Blue」が6万部を超えるベストセラーとなっている中村佑介。彼もまた、アニメのキャラクターを初めて手掛けます。ノスタルジックさと新しさが同居するムードたっぷりのデザインで、個性豊かなキャラクターたちの姿が彩られました。そして制作には、2009年の大ヒットアニメ『サマーウォーズ』を作ったマッドハウス。絵コンテ、演出、作画監督を1人のアニメーターが担当することもあるという、TVアニメとしては特殊な制作体制を敷く「湯浅組」に、様々な分野で活躍するクリエイターたちが集結しました。

原作:森見登美彦

2003年に『太陽の塔』で第15回日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、2006年『夜は短し歩けよ乙女』で山本周五郎賞、本屋大賞(2位)などを受賞。京都を作品の主な舞台とし、独自の語り口で日本の新しいファンタジーを切り拓く話題作家。


小説『四畳半神話大系』


「大学三回生の春までの二年間、実益のあることなど何一つしていないことを断言しておこう」

“薔薇色のキャンパスライフ”を夢見る、誇り高き三回生の「私」。しかし現実はほど遠く、実り少ない二年間が過ぎようとしていた。悪友の小津には振り回され、謎の自由人・樋口師匠には無理な要求をされ、孤高の乙女・明石さんとは、なかなかお近づきになれない。


いっそのこと、ぴかぴかの一回生に戻って大学生活をやり直したい!


もし、あの運命の時計台前で、映画サークル「みそぎ」に入らず、ほかの道を選んでいれば……。
もし、あの運命の時計台前で、奇想天外な弟子募集に応じず、ほかの道を選んでいれば……。
もし、あの運命の時計台前で、ソフトボールサークル「ほんわか」に入らず、ほかの道を選んでいれば……。
もし、あの運命の時計台前で、秘密機関〈福猫飯店〉へ入らず、ほかの道を選んでいれば……。


迷い込んだ4つの並行世界で繰り広げられる、不毛と愚行の青春奇譚。