本日よるは池袋へ!湯浅政明監督作品特集上映開催!!
2010年7月24日 | 分類 おしらせ | 付箋
本日もBSフジにて25時より第十話「四畳半主義者」放送です!さくらんぼテレビ
での放送はお休みです。
そして!いよいよ、今日は、湯浅政明監督特集上映
開催の日!22時45分から開演となります。
昨日に続いて、上映作品紹介(アニメスタイルさんサイトより抜粋)です。『ケモノ
ヅメ』『なんちゃってバンパイヤン』『音響生命体ノイズマン』の三作品。

『ケモノヅメ』1~2話 (2006)
湯浅政明監督が初めて手がけたTVシリーズにして、初のオリジナル作品。古来より人を喰う鬼を狩り続けてきた集団「鬼封剣」──その師範代である主人公・桃田俊彦が、人間として暮らす食人鬼の女性・上月由香と恋に落ちてしまったことから、壮絶な逃避行のドラマが幕を開ける。R-15指定の過激なエロス&バイオレンスを全編に散りばめつつ、大人のロマンスとユーモアもたっぷり詰め込んだ伝奇アクション・ラブストーリー。キャラクターデザイン・総作画監督は、最新作『四畳半神話大系』まで湯浅監督とタッグを組み続ける伊東伸高。今回のオールナイトでは、シリーズ全13話のうち、物語の発端部となる1~2話を上映。『四畳半』で小津役を演じた吉野裕行の熱演にも注目!
原作・監督・シリーズ構成/湯浅政明 キャラクターデザイン・総作画監督/伊東伸高
アニメーション制作/マッドハウス
声の出演/木内秀信、椎名へきる、吉野裕行、内海賢二

『なんちゃってバンパイヤン』(1999/Production I.G)
吉田すずか原案のキャラクターを使ったTVシリーズ企画用に作られた、約20分のパイロットフィルム。Production I.Gが制作し、湯浅監督は絵コンテとレイアウトも兼任。監督としては最も初期に手がけた作品で、『クレヨンしんちゃん』の本郷みつるが監修として参加している。怪奇映画風ムードと可愛らしいキャラクターのミスマッチ感、ギャグとアクション満載のストーリー展開が楽しい。中盤に登場する剥製のシカが強烈なインパクトを残す。なお、この企画はのちにTVアニメシリーズ『バンパイヤン・キッズ』(2001~2002)として放映された(こちらには湯浅監督は参加していない)。
監督・絵コンテ・レイアウト/湯浅政明 監修/本郷みつる キャラクター原案/吉田すずか
キャラクターデザイン・作画監督/鍋田香代子 制作/Production I.G

『音響生命体ノイズマン』(1997/バンダイビジュアル)
STUDIO4℃を代表するクリエイター、森本晃司監督による傑作短編アニメ。人々から音楽を奪い、街を支配する怪物ノイズマンと、音楽の実によってノイズの呪縛から解放された少年少女たちの戦いを描く。当時最先端のデジタル技術を駆使して描かれた疾走感あふれる映像、緻密に設計されたサウンドデザインが素晴らしい。ノイズマンを始めとするクリーチャーデザインや世界観設定を湯浅政明が手がけ、奔放なイマジネーションを炸裂させている。カルトな人気を誇る作品でありながら、DVDは現在入手困難となっており、大画面で観られるのは貴重な機会。
監督・キャラクターデザイン・作画監督/森本晃司
キャラクターデザイン・設定デザイン・作画監督/湯浅政明
音楽/菅野よう子 アニメーション制作/STUDIO4℃
声の出演/小桜エツ子、萩原秀樹、岡本麻弥、納谷悟郎
袋・新文芸坐でお待ちしております!!

関連する記事

カテゴリー