四畳半神話大系

音楽

オープニング・テーマ「迷子犬と雨のビート」ASIAN KUNG-FU GENERATION

1996年、大学の音楽サークルにて結成。02年、インディーズ・レーベルより「崩壊アンプリファー」をリリース。翌年、同作がキューンレコードより異例の再リリースとなり、メジャーデビュー。04年リリースのセカンド・フル・アルバム「ソルファ」は、オリコン・アルバム・チャート2週連続1位を記録した。これまでに8枚のアルバム、13枚のシングルをリリース。3月31日には映画『ソラニン』のメイン・テーマ「ソラニン」のリリースも決定している。

楽曲にここまでの大きな手応えを感じるのは久々な気がします。もちろん、楽曲制作毎に達成感はありましたが、今までかつてないほど、この「迷子犬と雨のビート」という曲への思い入れが強いです。歌詞、楽曲ともに会心の出来です。この曲をバックに中村君の絵が動くかと思うとドキドキします。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文(vo. g)

エンディング・テーマ「神様のいうとおり」いしわたり淳治&砂原良徳 + やくしまるえつこ

いしわたり淳治&砂原良徳によるユニットの第一弾。今後継続的な活動をしていくこの2人による今回の楽曲は、相対性理論、TUTU HELVETICA、そしてソロアーティストとして活躍するやくしまるえつこが参加。

砂原さんのサウンドは僕の憧れなので、今回書き下ろしの曲に歌詞を書けるというのは本当に光栄なことでうれしく思います。うれしすぎてまったく違う2通りの歌詞を書いてしまってどちらを選ぶかで悩んだほど。歌詞に関しては基本的にやくしまるさんの声の感じを最優先に書きました。それにしても彼女の歌声は生で聞いてもやはりワンアンドオンリーで素敵でした。

いしわたり淳治


普段からいしわたり君と話している「もっとこうだったら良いのになあ、、」というのを実践してみたつもりです。やくしまるさんは歌の微妙なニュアンスを丁寧に表現してくれました。映像と一体化されたものを見るのを楽しみにしておりますので、、、、

砂原良徳